【自宅で性病検査が受けれる】費用などの情報をリサーチ

MENU

聴診器

スムーズな検査の為に

性病は検査を行っている機関によっても検査項目が違っている場合が有るので、事前に調べてから性病検査を受けるようにします。また病院の場合は健康保険証を持参し、さらに特定のパートナーがいる場合はその人と一緒に検査を受けるのも注意点の一つです。

手

性病の検査方法

性病検査は、保健所、産婦人科、泌尿器科などで受けることが出来ます。保健所は無料で匿名で行えるので、おすすめです。また検査キットを買って自宅で行うという方法もありますので、自分に合った方法を選んで検査をしてみましょう。

救急車

性病から身をまもるために

性病検査は、性病の早期発見と治療のために重要な検査です。血液検査や尿検査で、様々な種類の性病を見つけることが出来ます。特に女性の場合、性病を放置すると、将来子供を健康に産めなくなる可能性もありますので、積極的に検査を受けましょう。

看護師

早期発見をする為に

性病は早期発見早期治療を行う事によって重症化を防げるため、気になる場合はなるべく早い段階で性病検査を受けます。性病検査自体は病院、保健所、検査キットの利用によって調べる事が出来るため、自分に合った機関で調べてもらいます。

看護師

4つの検査方法

性病検査キットは一番気軽に性病検査を受ける事ができる方法で、無料で検査を受けるなら保健所がおすすめです。泌尿器科、婦人科、性病専門のクリニックなら性病に感染している場合にはすぐに治療を始める事ができます。

産婦人科や自宅で検査可能

ドクター

検査機関で費用が異なる

性病には、クラミジアや梅毒、カンジダなどいくつもの種類がありますが、それぞれの細菌によって検査方法が異なります。性病検査は、産婦人科で行う方法や簡易的に自宅で行う方法などがあり、利用する病院や機関によって費用が変わってきます。これまでの性経験で、性病に感染しているかが気になる人は、自分に合った方法で性病検査を行い、陽性反応がでた場合は必ず治療を行うことが必要です。産婦人科での性病検査は、陰部の痒みなど自覚症状があれば保険が適応されますが、そうでない場合は健康保険が利用できません。病院によりますが、保険適応外の場合は一万円近く費用がかかることがあり、高額になることがほとんどです。また、膣内採取法や尿検査、血液検査で判断する細菌など、検査項目によって方法が異なるため、複数の検査を受ける場合は、その分費用がかかります。しかし、産婦人科で陽性反応が出た場合は、そのまま治療へ移行できるため、性病の疑いが強い人は確実にわかる病院での性病検査をおすすめします。病院へ行きにくい人や行く時間がない人は、自分で自宅で簡単に検査できる、簡易検査キットを利用することもおすすめです。簡易検査は郵送で送られてくるキットの使用方法に従って血液や尿を採取し、検査機関へ郵送して結果を知るもので、費用は五千円前後の場合が多いようです。検査項目によって費用が異なりますが、産婦人で科の検査より費用が安く済み、自宅で気軽にできることがメリットです。プライバシーが守られた状態で郵送されるため、パートナーに知られずに検査したい人や病院で事情を説明しにくい人におすすめの検査方法です。

Copyright© 2018 【自宅で性病検査が受けれる】費用などの情報をリサーチ All Rights Reserved.